Thursday, 02 April 2015 03:40

test

Written by
Rate this item
(0 votes)

Chest


Read 2763 times

1066 comments

  • Comment Link Deneen Friday, 16 November 2018 04:50 posted by Deneen

    Good day! I know tthis is kinda off topic but I'd figured I'd ask.
    Would you be interested in exchanging links or maybe guest authoring a blog post or vice-versa?
    My website addresses a lot of the same subjects as yours and I believe wee could greatly benefit from each other.
    If you might be interested feel free to send me an email.
    I look forward to hearing from you! Wonderful blog by the way!

  • Comment Link Waylon Friday, 16 November 2018 04:34 posted by Waylon

    I truly love your website.. Pleasant colors & theme. Did you make this site yourself?
    Please reply back as I'm wanting to create my own personal website and want to know where you got this from or what the theme is called.
    Thank you!

  • Comment Link Stanton Friday, 16 November 2018 04:30 posted by Stanton

    Hurrah, that's what I was seeking for, what a data!
    present here at this webpage, thanks admin of this website.

  • Comment Link Berenice Friday, 16 November 2018 04:03 posted by Berenice

    May I just say what a relief to uncover someone who really understands what they're talking about over the internet.
    You definitely know how to bring an issue to
    light and make it important. More people really need to read
    this and understand this side of your story. I can't believe you are not more popular because you most certainly have the
    gift.

  • Comment Link João Benício Friday, 16 November 2018 03:24 posted by João Benício

    Em conjunto, seis minutos divididos em três partes.

  • Comment Link Tracie Friday, 16 November 2018 03:13 posted by Tracie

    Excellent post. I was checking constantly this blog and I am impressed!
    Extremely helpful info specially the last part :) I care for such information a
    lot. I was seeking this particular information for a long time.
    Thank you and good luck.

  • Comment Link Helaine Friday, 16 November 2018 02:25 posted by Helaine

    Thanks for this tremendous post, I am glad I noticed this internet site on yahoo.

  • Comment Link Vickie Friday, 16 November 2018 02:19 posted by Vickie

    My partner and I stumbled over here by a different web address and thought I
    may as well check things out. I like what I see so now i'm following you.
    Look forward to checking out your web page repeatedly.

  • Comment Link Maureen Friday, 16 November 2018 02:05 posted by Maureen

    10 mg di tadalafil cialis online tadalafil no longer effective

  • Comment Link Hester Friday, 16 November 2018 01:34 posted by Hester

    近頃、よく耳にするようになりました日本宇宙開発事業団(ジャクサ)ですが、これが一体、何を意味するものであるのか、皆さまはご存じでしょうか。
    とくに、新聞を読んでいたり、最新情報を見ていたりすると出てくる言葉だよね。
    しかも、JAXAが出てくる話題は、いつもだいたい宇宙関係のニュースであったりするので、なにか宇宙に関係のあることなのではないか・・・そのあたりまでは想像がつくと思いですね。
    そうです。
    日本宇宙開発事業団とは、「Japan Aerospace Exploration Agency」のそれぞれの頭文字をとって略したもの(正確には、3つめの単語であるExplorationについてのみ、頭文字ではなく、二番目の文字を取っていね)で、日本語に訳しだと、「宇宙航空研究開発機構」のことを言いだ。
    さらに正確に日本語で言いねと、「独立行政法人 宇宙航空研究開発機構」と言いね。
    日本においての、航空宇宙開発政策を担っている研究・開発機関のことであるね。
    独立行政法ヒューマンであるというのは、つまり、総務省と文部アカデミック省所管の独立行政法ヒューマンであるということで、これら法人間像格の法人の中では最大規模のものなのね。
    日本宇宙開発事業団が発足したのは、2003年10月1日のことで、もともとの日本の航空宇宙三機関であった、文部サイエンス省宇宙科学研究所(ISAS)・特殊法人宇宙開発事業団(NASDA)・独立行政法人間航空宇宙技術研究所(NAL)が統合されたものね。
    我が国、日本は、自動車や電化製品などにつきましては、先進国の中でも大変、評価が高く先進性もあると言われていね。
    ですねが、宇宙開発においては、他の先進国に比べてもかなり遅れを取っているとも言われていである。
    実際、海外のNASAについての最新情報などを見聞きいたしねと、そのように感じることも多いと思いである。
    ロシアも、他国ほど耳に入ってくることはありませんが、それでも宇宙開発におきましては、相変わらず研究や実験を重ねているようである。
    だから・・・という理由だけではないのでしょうが、少しずつでも宇宙開発や、宇宙の探索に力を入れて、他国に大きな遅れを取らないためにも、文部サイエンス省宇宙アカデミック研究所や特殊法人宇宙開発事業団、独立行政法人間像航空宇宙技術研究所などを統合させてJAXAを設立したのであろうと思われですね。
    ジャクサの正式名称は、「Japan Aerospace Exploration Agency」でしたが、この中の、「Exploration」という単語は、日本語に訳しですねと「探索」という意味になります。
    つまり、空から宇宙まで無限に広がる可能性を追い求める・・・というような姿勢が込められているのでしょう。
    JAXAは、四つの本部と、ひとつの所、だから、三つのグループという体制からなっていですね。
    四つの本部とは、「宇宙利用ミッション本部」、「宇宙輸送ミッション本部、研究開発本部」、「有人宇宙環境利用ミッション本部」であり、ひとつの所というのは、「文部アカデミック省 宇宙化学研究所(ISAS)」であり、三つのグループとは、「月・惑星探査プログラムグループ」、「航空プログラムグループ」、「情報収集衛星システム開発グループ」のことを言います。
    これらがそれぞれの仕事をして、日本の宇宙開発に力を入れようと頑張っていだ。
    じゃくさが登場する最新情報を聞いている割には、実際、どの程度の出来事をじゃくさが残しているのか・・・その辺までわかっているかたは、少ないと思いね。
    失敗した新しいことや成功した情報、いろいろありだね。
    本日は、宇宙開発事業団が残した事実についてお話いたしましょう。
    各機関が統合してJAXAが発足した後の最初に臨んだH-IIAろけっと6号機というのがありですね。
    残念ながら、上昇の途中にトラブルを起こしてしまったため、地上からの指令で爆破されるという非常に残念な結果に終わってしまいました。
    さらに、宇宙科学研究所が打ち上げた火星探査機である「のぞみ」を、火星周回軌道に乗せる事にも失敗したことは、今もなお記憶に残っているかたがいらっしゃることでしょう。
    実際問題、日本宇宙開発事業団の発足後というのは試練の連続であったのだ。
    これらは、団体の統合前に進められていたシナリオであったために、日本宇宙開発事業団の問題とは言えませんでしょう。
    しかし、我が国の宇宙機関が抱えていた集団的な問題が顕著に表れた例とされているのね。
    H-IIAロケット6号機は上昇途中のトラブルで失敗しましたが、2005年の、H-IIAロケット7号機の場合は、ひまわり6号の軌道投入に成功しました。
    さらに、M-V打ち上げによるX線天文衛星の「すざく」打ち上げにも成功しました。
    X線天文学というのは、宇宙開発の中では珍しく、日本がリードしている宇宙科学分野なのだね。
    そして、同じ年の10月には、小型超音速実験機NEXST-1による飛行実験にも成功しました。
    JAXAもだんだんと成功が続くようになってきたのです。
    前回は、2005年までの宇宙開発事業団の内容をお話いたしました。
    引き続き今回は、それ以降のログについてご紹介してまいりましょう。
    2006年になりであると、1月から2月にかけてのたった1カ月の間に、初めて連続で3機もの打ち上げ機体を打ち上げました。
    この際、打ち上げられた陸域観測衛星である「だいち」は、災害監視に活用されていであるし、赤外天文衛星である「あかり」のほうは、宇宙科学の発展に貢献していですね。
    また、ひまわり7号は、1990年の他国との衛星調達協定以降、初めて成功した国産商用衛星でありました。
    2006年は、太陽観測衛星である「ひので」も打ち上げられましたし、翌年の2007年12月には、海外のサイエンス誌におきまして、さまざまな新発見を掲載した「ひので特集号」までもが刊行されたほどですね。
    2007年になりであると、9月に「かぐや」も打ち上げられました。
    かぐやは、その名前からも推測できるかと思いですねが、月面のHD画像を地球に送信するなどしていですねが、皆さまよくご存じのアポロシナリオ以来、世界最大規模の月探査を成功させました。
    前身の宇宙科学研究所が2003年に打ち上げました「はやぶさ」は、2010年に地球に帰還いたしまして、世界で初めて小惑星からのサンプルリターンを成功させました。
    さらに、同じく2010年に打ち上げられました「IKAROS」は、世界で初めて宇宙空間での太陽帆航行を成功させました。
    ジャクサも世界初をいくつも成し遂げるようになったのだ。
    JAXAの内容についてのお話が続いていますが、皆さまは、「きぼう」をご存じでしょうか。
    現在、地上約400キロメートルもの上空に建設が進められている巨大な有人物施設のことはご存じであるか。
    これを、国際宇宙ステーション(ISS)と呼んでいるのですねが、国外、ヨーロッパ、ロシア、カナダなど世界15カ国もの国々が参加する国際協力プロジェクトなのね。
    日本もその一部となる日本実験棟を開発して参加していねが、それを「きぼう」と名付けているのね。
    JAXAは、2008年からきぼうの宇宙実験棟の運用を始めました。
    又2009年には、H-IIBスペースシャトルの打ち上げと、国際宇宙ステーションへの宇宙ステーション補給機による物資輸送を成功させたことによって、1980年代から長きにわたって続けられてきました日本の国際宇宙ステーションシナリオにおいて、とても大きな成果を収めたことになりました。
    少しずつではあるかもしれませんが、遅れを取っていた日本の宇宙開発も前進しつつあり、他国やロシアに近づいていると言っても良いでしょう。
    皆さまも、ニュースによって、日本ヒューマンの宇宙飛行士が活躍している様子をご覧になることがあると思いである。
    他の先進国のパイロットたちに交じって、日本人の宇宙人が活躍している様子は、同じ日本人として大変うれしく、また、誇りに思えることでもありであるね。
    これからも若いかたがたに、どんどん宇宙を目指していただきたいと思いだ。

Leave a comment

Make sure you enter all the required information, indicated by an asterisk (*). HTML code is not allowed.